占い師にしてはいけない事

占いを初めてしてもらうという人は占い師に対してマナー違反的な行動をとってしまうかもしれないので占い師にしてはいけない事を紹介したいと思います。
まず隠し事はしてはいけません。自分に都合のいい事だけを話して都合のいい結果だけを得ようとしてもダメです。
例えば好きな相手がいてその相手と結婚出来るかどうか占って欲しいという場合にその相手が実は既婚者で不倫関係だった場合にその事実を隠しておくのはよくありません。

別に話さなかっただけでウソをついたわけじゃない、それに占い師ならそれぐらい占いで気づけるはずだなんて無茶ぶりはしないで下さい。
占うための正確な情報を与えてもらっていないのですから、正確な占い結果を出せるはずがありません。
隠すという事はお互い壁が出来るという事ですから良好な関係が築けなければ占いに悪影響が出てしまいます。

また占い師の実力を試そうとする行為もNGです。
結果が分かっている事をあえて占わせて本当に能力がある占い師かどうか判断したいという気持ちは理解出来ます。
しかしそれで当たればいいですが、外れた場合にどうしますか?
それは違います、あなたが占い師を名乗っていても占いの能力がないんですね・・・・なんて言えばもう険悪な状態です。
もちろんお金を払って占いをしてもらう以上デタラメな事を言われたら困りますし、早い段階でそれを知りたいと思うでしょう。
ですが、占いは当たるも八卦当たらぬも八卦と言われます。どんなにすごい占い師だって正解率100%ではなく、まして初対面のよく知らない段階では心も通じにくく占いにくい状態ですから信頼関係を築く事が必要なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ